アウトドアグッズ

ハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスは何が違うの?おすすめのクーラーボックスは?

クーラーボックスは 複数使い分けるとGood!

キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンにおいて食材や飲み物を安全に持ち運ぶためのアイテムとして必需品といってもいいのがクーラーボックスです。

特に真夏のアウトドアには欠かすことのできないアイテムといってもいいでしょう。

クーラーボックスの役割として覚えておいてほしいのは何かを冷やすことができるという訳ではなく、あくまでも保温をすることが可能であるということです。

保温の中でもとりわけ「保冷」が目的として使われているのがクーラーボックスです。クーラーボックスを選ぶ際にはこの「保冷力」が重要となってきます。

しかしひとえにクーラーボックスと言ってもハードクーラーボックスやソフトクーラーボックスなどの様々な種類のものが存在しています。

選択肢が多いということはユーザーにとってうれしいことではありますが一体どれがいいのか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事ではハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスの違いやおすすめのクーラーボックスについて書いていきたいと思います。少々長くなりますが最後までお付き合いください。

ハードクーラーボックスとは?

ハードクーラーボックスとはその外装がスチールやステンレスなどの素材でできており、文字通りハード(硬い)クーラーボックスのことを指します。一般的にクーラーボックスと言われるとこのハードクーラーボックスをイメージする方が多いのではないでしょうか。

このハードクーラーボックスの特徴として断熱性が高く保冷力が高いことがあげられます。中に入れたものを長時間冷たく保つ能力が高いため宿泊を伴うキャンプや長時間炎天下の下で行うバーベキューなどで大活躍します。

その反面、サイズが比較的大きくて重く、かさばってしまうために持ち運ぶにしても設置するにしても場所をとってしまうのが難点となります。大きなサイズのものを使うときは持ち運びに適したタイヤ付きのものを選ぶといいかもしれません。

なお、ハードクーラーボックスの内装には断熱材が使用されており、その使用される断熱材によって保冷力や耐久性が大きく異なります。

断熱材の種類

発泡スチロール

一般的に想像する発泡スチロールで間違っていません。今思い浮かべたそれで正解です。価格の安いクーラーボックスとして使われています。安価なために保冷力もそこそこ、耐久性もそこそこといったところでしょうか。あまり何度も使いまわすものではなく使い捨てと割り切るといいかもしれません。

発泡ウレタンフォーム

一般的なアウトドア用のクーラーボックスに使用されています。必要十分な保冷力と耐久性を有しています。厚みが増せば保冷力が増しますがその分価格も高くなってしまいます。

真空断熱パネル

真空断熱パネルによりその保冷力は抜群です。ただしその分価格も抜群に高くなってしまうのがネックです。ただしこちらはアウトドア用ではなく釣り用に使われることがほとんど。

ソフトクーラーボックスとは?

ソフトクーラーボックスとは一般的にビニールなどの柔らかい素材でできており、軽くてコンパクトに折りたたむことができかさばらずに持ち運びも簡単なことが特徴です。

その分ハードクーラーボックスと比べると保冷力は落ちますが使い勝手が良く、日帰りのキャンプやバーベキュー、海水浴などでも大活躍です。

ハードクーラーボックスをメインのクーラーボックスとして利用し、ソフトクーラーボックスをサブのクーラーボックスとして利用するのがバランスがよくおすすめです。

ハードとソフトどっちがいいの?

結論としてはハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスの2種類を組み合わせて使うのが最強です。ハードクーラーボックスには飲食物や氷などの長時間保冷しておきたいものを入れてメインのクーラーボックスとして、ソフトクーラーボックスにはそこまで重要ではないけれど冷やしておいたほうがいいものを入れるためのサブのクーラーボックスとして活用しましょう。

ちょっとした裏技としてソフトクーラーボックスの中身を保冷材で埋め尽くすという手があります。保冷材で埋め尽くされたクーラーボックスでは例えソフトクーラーボックスであったとしてもその中身の保冷剤はなかなか解けることはありません。

メインで使用しているハードクーラーボックスの保冷剤が解けてきたらソフトクーラーボックスの溶けていない保冷剤を入れ替えていけばハードクーラーボックスの中はキンキンに冷えたままの状態を保つことができます。

複数のクーラーボックスを使い分けよう!

ここまでハードクーラーボックスとソフトクーラーボックスの違いについて書いてきました。基本的には保冷力の高いハードクーラーボックス、持ち運びや収納の簡単なソフトクーラーボックスという形で分けることができます。

最初にも書きましたがクーラーボックスの役割は保冷をすることです。保冷をするだけであればハードクーラーボックスに軍配があがりますが、実際には持ち運びや収納の問題があるというのも確かです。

それぞれの使い方にあったクーラーボックスを選ぶことでより楽しいアウトドアライフを過ごすことができるでしょう。是非とも自分にぴったりのクーラーボックスを見つけ出してくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)