アウトドアグッズ

LEDランタンには何で虫が寄ってこないの?アウトドアにLEDランタンがおすすめの理由

アウトドアにLEDランタンがおすすめな理由を解説

バーベキューをしたり、キャンプに出かけるのが趣味という人も多いでしょう。アウトドアを楽しむ際に、悩みの種になりがちなのが虫対策です。虫の発生は初夏から徐々に増え始め、夏にピークを迎えます。

とりわけ困るのが、夜間に使用するランタンに虫が寄って来てしまうこと。キャンプにおける虫対策は必須ですが、そこで役立つのがLEDランタンです。LEDランタンは一般的にガソリンランタンやガスランタンと比べて虫が寄ってきにくいと言われています。

今回の記事では、LEDランタンに虫が寄って来ない理由とアウトドアにLEDランタンがおすすめな理由について解説します。

ランタンの灯りに虫が寄って来るのは「走光性」が関係している

アウトドアでは大自然の中で過ごすことになるので、虫が寄って来たとしても不思議ではありません。

しかし、光源として使うランタンに沢山虫が寄って来るのはあまり良い気分がしませんよね。ランタンに寄って来る虫の数を減らしたいなら、まずは虫の習性を知ることが大切です。

例えば、街路灯として使われる水銀灯の周辺に羽虫が数多く群がっていたり、網戸に虫が沢山張り付いているのを見たことがある人も多いでしょう。

アウトドアにおける虫対策の第一歩は、虫に備わっている「走光性」を理解すること。虫がランタンなどの灯りに寄って来てしまう背景には、それなりの理由が存在します。

走光性というのは、月明かりや太陽の光などに対して一定の角度をキープしたまま移動する習性です。

虫は本来、太陽および月明かりを飛ぶ際の目印にして進む方向を決定していると言われています。そのうち、光の方に向かって行くのは「正の走光性」、逆に暗い方に逃げていくのは「負の走光性」と呼ばれます。

ただし、街灯はすぐ近くにあって四方八方へ光を出していますので、虫はぐるぐる渦を巻くように飛んでいるうちに光源に当ってしまうという訳です。

虫の走光性に関わっている紫外線

虫に備わっている走光性に関連して、虫がランタンに寄って来る理由の一つに挙げられるのが紫外線です。多くの虫は、人間が見ている光とは異なる光を見ているとされています。

一般的に、人間にとっての光は、赤い色から紫色に至るまでの可視光線を指します。しかし、科学的な視点から見れば、光は一種の電磁波です。

実は、可視光線の波長の範囲は狭く、光は実際には幅がもっと広いのです。虫の目から見れば、人間に見える光の領域が右側にズレているイメージになります。

つまり、赤に近い波長の光を見ることができない代わりに、紫外線を見ることが可能です。

一説では、虫は比較的低い位置を飛ぶために波長が長い紫外線を利用していると言われ、紫外線に寄って来る習性があります。

したがって、紫色と赤い色の花を並べた場合、虫は認識しやすい紫色の方に集まる傾向があります。

蛍光灯および水銀灯には紫外線が含まれる

街灯に使用されている水銀灯および蛍光灯の灯りには、紫外線が含まれます。水銀灯から発せられるエネルギーの中で、可視光線へと変換されているのは15%ほどしかありません。赤外放射は60%、紫外放射は10%で、残りが熱として失われます。

この紫外線は日光と比べて一千分の一とされていますので、短い時間に水銀灯を浴びたくらいでは日焼けする心配はありません。

しかし、人間と可視領域が違う虫にとっては、水銀灯はいわば自分達が好む紫外線を発生する機械に見えるはずです。そのために、水銀灯に集まってきてしまう訳です。

ただし、蛍光灯が発する紫外線の量に関しても、人間を日焼けさせるレベルではありません。念のため、美術館などにおいては貴重な芸術品が紫外線で劣化するのを避ける目的で、紫外線をカットする蛍光灯が使われています。

LEDの光源は紫外線の量がわずか

そもそもLEDとは、「発光ダイオード」という半導体が電圧を加えることで発光する仕組みになっています。

長寿命であることはもちろん、耐衝撃性に優れている特徴を持ち、近年は家庭の照明にもLEDが普通に使用されるようになりました。

アウトドアでの活用を考える場合、LEDは紫外線を出さないので虫が寄り付きにくいという利点があります。

ただし、厳密に言えばLEDには紫外線が殆ど含まれないタイプと、含まれるタイプが存在します。LEDには、本来白色はありません。色の組み合わせによって白色のように見せているのが特徴です。

そのうちの一つが、青色LEDに黄色く発光する蛍光体を使い、疑似白色を作る方法。これ以外に、赤青緑のLEDを使って白色を出す方法と、近紫外LEDおよび紫色LEDを用いて赤青緑の蛍光体を発光させる方法があります。

紫外線LEDを利用する白色照明は、殺菌灯のような特別な用途に使われますが、紫外線を出すのはこのタイプのみ。

一般的に使用される白色LEDは、青色LEDをメインにしています。紫外線の量は蛍光灯と比較するとおよそ2百分の一なので、虫にとっては寄りにくいのです。

LEDはアウトドアの照明に適している

紫外線と虫との関係を説明しましたが、虫が全て紫外線に反応する訳ではなく、明るさに寄って来る習性の虫もいます。

そのため、LEDランタンは全部の虫が寄って来ないとは言えませんが、それでも沢山の虫に有効です。

紫外線に集まる虫には、スズメバチやカメムシ、イエバエなどの害虫も含まれます。これらの虫が集まって来ないので、LEDランタンはアウトドアの照明にぴったりです。

もちろん、キャンプ場やバーベキューをする際の照明としてだけでなく、駐車場やスポーツ照明にもおすすめです。さらに、LEDランタンは丈夫で壊れにくく、軽量で長持ちします。子供と一緒のキャンプでは安全性の面でも適していますし、夜のテント内には必須アイテムです。

また、LEDランタンは明るさを調節できたり、光の色も選ぶことが可能です。虫が好きな色を避けて選べば、虫が寄って来るのをさらに減らせます。

一般的に、虫は暖色系の灯りよりも、白色あるいは紫色、青色の灯りに誘われる傾向があります。メインとして使用するLEDランタンを暖色系にしても良いでしょう。

多機能性を誇るLEDランタンはファミリーにもおすすめ

LEDランタンは火を使う必要がないので、テントで使いたい時にも適しています。また、先程触れたように火傷の不安もないので、ファミリーキャンプやアウトドア初心者にも使いやすい点がポイントです。

初心者の場合、例えば電池駆動式のLEDランタンなら、初めてキャンプをする際にも比較的簡単に使いこなせるでしょう。

また、ランタンの種類にもよりますが、多機能なタイプがある点もLEDランタンをおすすめする理由の一つです。

電池あるいは充電式バッテリー駆動ならスマートフォンの充電なども可能ですし、家庭内照明と同じ感覚で調光できる機能もあります。

衝撃に強くて生活防水機能が付いているタイプなど、1台準備しておけば何役もこなせる商品が揃っているのが特徴です。

さらに、アウトドアシーンに活躍するということは、防災アイテムにも使えるということ。停電が起きたり、災害発生時にはボタン操作で明るさを確保できるランタンは万が一の時のアイテムに最適です。

最近では自然災害に対する関心が高まっていますので、一つ揃えておけば安心です。

虫対策に有効なLEDランタン

ランタンの光に虫が集まってくるのは、虫が持つ走光性や紫外線に寄って来る習性が関係しているからです。しかし、LEDランタンなら紫外線が殆ど含まれないので、虫対策として有効です。種類も豊富になっていますし、欲しい機能が選べる点も魅力。アウトドア初心者の人や、ファミリーキャンプを考えている人におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)