おすすめ

初心者必見!初めてのテント設営でも失敗しないための5つのポイントを紹介

テントの張り方

たき火をしたり水辺で遊んだりと、楽しさいっぱいのキャンプ。しかし、そんなキャンプにも、初心者にありがちな失敗はつきものです。例えば、テントの設置に何時間ももたついたり、雨や風でテントが大変なことになったり。でも、それが原因で雰囲気が悪くなるのは避けたいですよね。今回は、そんな失敗をしたくないという人向けに、テント設営で大事な5つのポイントをまとめてお伝えします。

ここは避けよう!テントを張る場所

キャンプにおいてテントは活動の拠点であり、疲れた身体を休める寝床となります。キャンプを快適なものとして成功させるには、テントの設営以前に、まず設置する場所を考えることが大きなポイントとなります。
それはキャンプの成否を決めるばかりか、一歩間違うと命の危険に係わることもありますので、避けるべきポイントはしっかりと頭に入れておきましょう。

・水はけの悪い場所
雨が降った翌日、水はけの悪い地面にテントを設営していると、内部に浸水してしまう恐れがあります。特に窪地は避けましょう。

・風の通り道
開放感のある見晴らしの良い高所には要注意です。何も遮るものもない所にテントを設置すると、強風をまともに受けて飛ばされてしまう危険があります。

・川の近くや中州
雨が降ると、川の水位は急速に上昇することがあります。流れもあっという間に速くなりますので、川のすぐ近くには絶対にテントを設置しないようにしましょう。特に中州は大変危険です。

・ガケのすぐ下
ガケ下は、小石などの落石によりテントが破損する恐れがあります。更に雨が降ると、土砂崩れを起こす危険性があります。

・一本だけある木のそば
本来、テントを張るのに木陰というのは適しているのですが、一本だけぽつんと生えている木のそばはやめましょう。落雷の危険があります。

キャンプ地は大抵、自然豊かな場所にあります。その為、テント設営時には穏やかな気候であっても、突然の悪天候に見舞われることはよくあります。テントを設置する前に、起こりうる危険も想定しながら慎重に場所を選びましょう。

グランドシートは必ず敷こう

一見、なんてことのないアイテムのようにも思えますが、テントの設置において重要な役割を持つのが「グランドシート」です。
グランドシートはテントの下に敷くもので、雨が降った時の浸水対策となります。初心者にある失敗例の一つとして、これを敷いていなかった為にテントが水びたしになってしまった、なんてことも。

敷き方の注意点としては、テントよりも小さい面積のものを敷くことです。グランドシートがテントの床面よりもはみ出てしまうと、逆に雨がテントに向かって流れ込んできてしまいます。グランドシートがない場合はブルーシートやレジャーシートでも代用は可能です。

また、グランドシートは、テントを地面の汚れやダメージなどから守ってくれるので、結果としてテント本体が長持ちするという利点もあります。
グランドシートは、寒さや底冷えも多少軽減してくれますが、それだけでは寒さ対策としては不十分なので、テントの中には更にインナーマットや毛布なども敷いておくとよいでしょう。
快適に眠る為には、「寒さ」と「床の固さ」への対策が、欠かせない要素となります。

ペグ打ちのコツ

テントを張った後には、固定するために地面にペグを打ち込みます。初心者には難しく感じるペグ打ちですが、ここを適当にすると、テントは簡単に強風に飛ばされてしまいます。

ペグを打ち込む角度は、地面ではなくロープに対して直角を目安とするのがコツです。打ち込む際に、ペグの頭はテントとは逆の方向に傾けます。ペグは地面から突き出ていると風で簡単に抜けやすく、足が引っ掛かると転倒の原因にもなるので、しっかりと根元まで打ち込みましょう。

地面の硬さによっては、ペグが思うように打ち込めないこともあります。ペグには、硬い土や砂地などの地盤に応じた種類があり、本来は使い分けできればベストです。しかし、初心者の時点でそこまで用意するのは大変かもしれません。

ペグが打てないような時には、代わりに大きめの石を重しにして固定する方法や、ロープを近くの木や重い岩に巻きつけるという方法もあります。木などに巻きつける際は、ロープを水平よりも上に張ってしまうと、風でテントが破れやすくなります。ロープは水平よりも下方向に張るようにしましょう。
いろいろ試してみて、どうしても固定ができそうになければ、テントの設置場所を思い切って変えてしまうのもよいでしょう。

風は最大の敵と知れ

一般的に「悪天候」というと、雨を想像する人が多いかもしれません。しかしキャンプにおいては、「風」もまた、雨に負けず劣らずテントに影響を及ぼします。
風の通り道にテントを置かないことは基本ですが、テントを設置する時には、入り口の向きにも注意しましょう。
基本的にテントの入り口は、風下を向くようにします。入り口が風上を向いていると、当然のことながら風がテント内に吹き込んできますので、強風の場合にはあっけなくテントが飛ばされてしまうことも。

また、強い風の中でテントを設営する時には、風上の方から先にペグを打つのがコツです。まずは風上の2点をしっかりと留めてしまえば、テントが飛ばされる心配もなくなるので、落ち着いて作業をすることができます。

しかし、風速10メートルほどの風になると、テントを張り続けることは危険になってきます。
強風によって、テントやタープが飛ばされたり倒れたりして、万が一他のキャンパーにぶつかったりなどしたら大変です。あまりにも風が強いと感じた時には、テントを畳んで撤退する勇気も必要かもしれません。
キャンプではそういった点で、雨よりも風のほうが厄介と言えるでしょう。

組み立てイメージで時間を短縮しよう

テントの設置にまつわる注意点を述べてきましたが、そもそも自分がテントを設置できるか不安…という方もいるでしょう。

その不安を解消するには、実際に近くの公園などの広い場所で、一度練習してみるのが確実です。
練習できる場所がないという場合は、組み立て説明書をよく見て、なんとなくでも完成イメージを頭に入れておきましょう。そういったイメージがあるのとないのとでは、やはり設置にかかる時間も変わってきます。

また、アウトドア用品店に行って、展示されているテントを実際に見てみるのもいいかもしれません。分からないことがあったら、その場で店員さんに教えてもらえますし、またお店によっては、テントの張り方の講習が受けられる所もあります。
今は動画サイトなどでも、テントの組み立て方を紹介しているので、家で動画を見て手順を覚えるという方法もあります。

実地において組み立てる時のコツは、「組み上げる前にパーツを分けて並べておく」ことです。どんな形のパーツが何個あるのか、すぐに分かるようにしておけば、説明書を見ながらの作業も、時間を短縮できます。
しかし、何でも初めてのことには時間がかかるので、テントの設営は明るいうちに終えられるよう、できるだけ早い時間に始めるのがいいかもしれませんね。

知識をどんどん身につけよう

快適・安全なキャンプを実現するための「転ばぬ先の杖」として、5つのポイントをお伝えしました。初めてというのは誰もが通る道ですが、正しい知識を身に着けることで、多くの失敗を回避することは可能です。

中でも、怪我や命に係わるような危険については、絶対に必要な知識と言えるので、しっかりと備えておきましょう。そして、ここには書かれてない知識も吸収していけば、その先にはもっと楽しみが広がるかもしれません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)